キャリア

来たれSIer人材!SaaSの世界へ飛び込む前に読んでおきたい“強みの整理”〜SUPER STUDIO COO・花岡宏明

いま、SaaSスタートアップにSler出身者が転職するケースが増えています。システムを司る意味では共通点もあれば、両者には大きな違いもあり、それが不安感にもつながっているようです。そこでALL STAR SAAS FUNDでは、SIerでの経験やスキルが生かされる場としてSaaSスタートアップが十分にあり得ることを見るべく、元Slerの経験を持ち、現在は法人向けECプラットフォーム「ecforce」の提供を軸にEC/D2Cのトータルソリューション企業として飛躍を続ける株式会社SUPER STUDIOのCOO・花岡宏明さんにお話を伺いました。花岡さんは大学卒業後、新卒でNTTデータに就職。大手金融系サービスのプロジェクトマネージャーを経験し、SEとして約4年の実務経験を持ちます。

プレイヤーから事業責任者へ あのとき大切だったのは「好き」を活かした小さな改善

株式会社メドレーCLINICS事業部の事業責任者を務める田中大介さんに「SaaS事業責任者として外せない力と鍛え続けるべきスキル」をテーマに前田ヒロがオンラインイベントでお話をお伺いいたしました。これから事業責任者採用を進めたい採用責任者や、事業責任者のキャリアを目指したい方にお勧めエピソードです。

SIer出身者がSaaSで活躍できる理由:hacomono 岩貞智のキャリアチェンジから見えた“強み”

Sler人材はなぜSaaS企業で活躍できるのか。株式会社hacomonoでIoTプロジェクトマネージャーやエンジニアを務める岩貞智さんにインタビュー。入社早々から責任者を務める新規プロジェクトから得た学び、キャリアチェンジを経て感じた「SIer系企業出身者がSaaSで活躍できる理由」などを伺いました。

なぜ今、SaaSスタートアップ転職がアツいのか?〜SaaSキャリアの魅力と活躍する人材の共通点を語る〜

SaaS企業で活躍する人の特徴、転職活動を進める上での注意点やよくみられる落とし穴、スタートアップの選び方やポイントについて解説しています。現在、転職活動を進めている方はもちろん、中長期的なキャリアについて考えている方にオススメのエピソードです。

35歳限界説を吹っ飛ばせ。大企業からスタートアップへ転身したLayerX・石黒卓弥、考えを改めた「早くやろうよ!」の一言

「大手からスタートアップ企業転職での気づきや、学びを記事で届けたい。」そんな想いから、35歳で当時60名規模のメルカリに転職、現在はLayerXでご活躍中の石黒卓弥さんにインタビューをしました。キャリアを伺うと華やかに感じられますが、そこには泥臭い努力と、人との出会いを大切にする姿勢がありました!

経済合理性では満たせない価値がある──ラクスル永見×ヤプリ角田が語る、“スタートアップCFO”のキャリアと資質

未上場の段階から海外の投資家を巻き込み、ファイナンスを実行するSaaSスタートアップが年々増えています。その戦略を取る上では、国内外の市場で「対話」ができる知識と経験、スキルを持つCFOの存在が不可欠です。それゆえに、CFO候補として、特に外資系の金融ファームやコンサルティングファーム出身者に注目を集めています。 そこで今回は、実際に国内外の機関投資家から出資を受け、IPOを成功させた共通点を持つ現役CFOをお招きして、外資系の金融ファームやコンサルティングファーム出身で磨いてきた経験がどのように、活かさせるのかリアルな声を伺ってみました。“スタートアップCFO”になりたい人、あるいは採用したい人に是非、読んでほしい記事です!

ITで社会を豊かにしたいなら、SIerよりSaaSだ。digsas・石井友規に聞く、それぞれの違いと転職のポイント

SIerからSaaS業界への転職を考える人は年々増加中。一方、転職事例はまだ少なく、一歩を踏み出せない人も多いのでは。今回は、SIer出身でSaaS業界に転職し、数々の業績を残されたdigsas石井さんにインタビュー。SIer出身者がSaaS業界で活躍できる理由を伺いました。

建築×テクノロジーに加わるなら、今が最高に面白い。アンドパッド・今井亮介が語る「コンテック」の現在と未来

全世界、あらゆるビジネスで注目が集まる、DXの動き。建築業界にもその風は吹き始めています。 今回はクラウド型建設プロジェクト管理サービス「ANDPAD」を運営するアンドパットの “VP of New Business”を務めている今井亮介さんにインタビューを実施しました。