マネージメント

マネジメントの地図から考える、マネージャーの役割と戦略【ベンチャーマネジメント集中講座 第1回】

スタートアップにおける悩みごとの多くは、組織や人にまつわることと言っても過言ではありません。組織の課題をうまく乗り越えていくために重要なのが「ミドルマネジメント」の存在です。彼らをいかに機能させていけるかによって、事業成長の角度は大きく変わります。そこで、ALL STAR SAAS FUNDは、スタートアップにおけるマネジメントの第一人者である株式会社EVeMと共に「ベンチャーマネジメント集中講座」を全4回で開催しました。講座第1回のテーマは『ベンチャーマネージャーに求められる「戦略」の視点とは』です。限られたリソースで戦略を立て、どのように成果を残すのかを、ベンチャーマネージャーが担う役割に焦点を当てて解説していただきました。

アメリカで10年戦った起業家の「10の学び」──Fond創業者・福山太郎が授ける成功の鍵

2023年11月9日(木)に開催された「ALL STAR SAAS CONFERENCE 2023」。多様なトークが繰り広げられた中から、今回は『アメリカで10年戦ってきた10の学び』と題したセッションを記事化します。Fond Technologies, Inc.創業者の福山太郎さんを招き、ALL STAR SAAS FUNDのManaging Partnerである前田ヒロがインタビュー。アメリカのビジネス環境は、競争が激しく、多くのユニコーンやデカコーンスタートアップとの採用競争が繰り広げられています。この競争環境で成功を収めるためには、ハイパフォーマンスなマネジメントが必須。さらには多国籍でダイバースな環境であっても、全員を同じ方向へ導くリーダーシップが求められるのです。このセッションでは、Y Combinatorに日本人として初めて採択されたFondの福山太郎さんが、10年間にわたるアメリカでのビジネスにおいて、直面したチャレンジやそれを乗り越えるために学んできた経験を語りました。

あなたのチームの「北極星」は何か?Notionグローバル採用ヘッド・Kate Taylorさんに聞く、勝てるチームの作り方

世界中で注目を集めるユニコーン企業「Notion」、日本市場でも展開され、人気を博しています。並み居る競合サービスのある中で、彼らが成長を続けられるのはなぜか。そこには、いかなる人材の採用や育成の考え方があるのか。今回、その一端をつかむべく、NotionでHead of Global Recruiting(グローバル採用部門責任者)を務めるKate Taylorさんに、お話を伺う機会をいただきました。「規模の大きなグループ(チーム)をマネジメントすることが好きですし、チャレンジングな問題を解決することが好き」と話すKateさん。Notionがまだ40人規模の時に入社したという彼女だから知る、Notionの成長の軌跡について、ALL STAR SAAS FUNDのマネージングパートナー・前田ヒロが迫りました。

【INITIALが実践】エンタープライズSaaSのリニューアルマネジメントの要点

PMF後の成長を維持するためには、新規のお客さまを獲得していくだけではなく、既存のお客さまに対するアップセルやクロスセルを図っていくことが求められます。限られたリソースの中でうまく大企業と向き合うために、SaaSスタートアップはどのような施策を講じるべきなのでしょうか。今回はINITIAL事業執行役員CCOを務められている大沢 遼平さんをお招きし、大企業から信頼を獲得し続けるためのリニューアルマネジメントについて、お話をお伺いしました。

【アサインの要点】いつ誰を候補者にすべきか?スタートアップにおけるマネージャーの育成、そして採用

SaaSスタートアップの成長過程において、組織の課題やマネジメントによる問題で起業家自身が悩みを抱えているケースが多くあります。特にSaaS企業は少数精鋭で経営することが難しく、メンバーの数を確保していくことも重要ながら、業務を支援して組織で結果を出せるマネージャーの存在が、極めて重要です。スタートアップにおけるミドルマネージャーの抜擢や育成、経験者の採用、そしてスキルアップのためには、どのように取り組みが必要なのか。後編となる今回は、いかにマネージャー候補を見出してアサインすべきかといったノウハウをまとめています。

【暗黙はNG、明文化がすべて】CEOにおくる、4つのカテゴリーから定義するスタートアップマネジメント

SaaSスタートアップの成長過程において、組織の課題やマネジメントによる問題で起業家自身が悩みを抱えているケースが多くあります。特にSaaS企業は少数精鋭で経営することが難しく、メンバーの数を確保していくことも重要ながら、業務を支援して組織で結果を出せるマネージャーについては、それ以上に重要だといえます。スタートアップにおけるミドルマネージャーの抜擢や育成、経験者の採用、そして彼らがスキルアップするためには、どのように取り組むべきなのか。今回は、ベンチャー企業のマネージャーに特化した育成トレーニングプログラムを提供するEVeMの長村禎庸さんに、そのポイントを教わりました。

ミドルマネージャーの採用、育成、抜擢の勘所──EVeM 長村禎庸に聞く

SaaSスタートアップの成長過程において、組織の課題やマネジメントによる問題で、思うような成長曲線を描けず、起業家自身が悩みを抱えているケースが多くあります。スタートアップにおけるミドルマネージャーの抜擢や育成、経験者の採用、そして彼らがスキルアップするためには、どのように取り組むべきなのでしょうか。今回はベンチャー企業のマネージャーに特化した育成トレーニングプログラムを提供するEVeMの代表取締役兼執行役員CEOである長村禎庸さんに、そのポイントを教わりました。

「Bill One」急成長の裏側に、社内コーチングあり──リーダーの自己開示から、良いチームは生まれる

ビジネスの場でしか解消できないような悩みの解消......これは、「コーチング」がもたらす大事な価値のひとつかもしれません。その効力に気づき、社内制度として設けるだけでなく、社員が社員にコーチングを行なう「内製化」も実現しているのが、営業DXサービス「Sansan」やインボイス管理サービス「Bill One」を手掛けるSansanです。今回は、社内制度としてコーチングを内製化する中で尽力されてきた三橋新さんと、実際にコーチングを受けて変化を実感した久米志穂子さんを招き、コーチングがもたらした変化などについて伺いました。